<--! インクルード用-->
RASHI_KI

CASE STUDY

「汚れにくさは感動レベル。
お料理モードのスイッチが入るエプロン」

フードデザイナー・須賀いづみ様

フードデザイナーの須賀いづみ様に、RASHIKIのエプロンドレスをご使用いただいています。フードスタイリングのほか、コラム執筆や朝食ワークショップの開催も手掛ける須賀様。ご自宅でのお料理の際に1か月お使いいただいたご感想を伺いました。

フードデザイナーのお仕事では、どんなことをされますか?

基本、現場ではフードスタイリングですね。家だとレシピづくりとか。

エプロンはよく使われますか?

3枚くらい持ってるんですが、仕事の現場で使う用という感覚でした。
家では付けたり付けなかったり、半々ですね。

お仕事中はいつも使われるんですね。

そうですね。汚れたりするのと、撮影もあるので映りも良いように、衣装感覚で。
メインで使ってるのは、リネンの綺麗な水色のもの。
一時期エプロンにはまって、旅行に行くたびにエプロンを買っていたんですが、今はもう無いんですよね。多分断捨離の時に捨てました。(笑)

エプロンが断捨離対象になってしまったんですね(笑)

そうですね。機能性は考えていなくて、ただ可愛いだけ。コレクション感覚でした。
めちゃめちゃ分厚いとか、逆にペラペラとか、サイズが合ってないとか。可愛いだけで買ってるから、結局あまり使わなかったですね。

このエプロンドレスを選ばれた理由はありますか?

色と、着てみた時のサイズ感が好きで。あと丈感。
すごく覆われてる感じがしました。スカート状に後ろまであるからかもしれないですけど。胸当ても結構大きめですよね。

丈は長い方が良いですか?

私は長い方が好きですね。なるべく服を汚さないように、カバー力があるのが一番いいので。

実際に使っていただいて、着心地や動きやすさはいかがでしたか?

いい感じです。何の違和感もなく。 動きやすさも…何も気になるところは無かったかも。ノーストレスです。まとわりつく感じもないし。

ポケットは使われましたか?

一時的なごみ入れみたいな感じで使ってました。キッチンペーパーとりあえず入れとこう、みたいな。
撮影のときにポケットはすごく使うんですよね。ごみ箱がすぐ手が届くところに無かったりするので。なのでラップとかちょっと拭いたペーパーとか、ちょっと直したりするのに使うお箸も入れたり。撮影が終わった後のポケットはパンパンです。

エプロンはどのように保管されていましたか?

ずっと椅子の背もたれにかけっぱなしでした。
リネン生地だと畳むとそのまましわになるんですけど、これはかけっぱなしでもしわは全然気にならなかったので。

洗濯はされましたか?

してないです。使い始めて一か月以上は経ったかな?細かい油とか水は飛んでると思うんですけど全然汚れなくて。


今まで、お家では毎回はエプロンをされていなかったということで、今回付けてみていかがでしたか?

お料理モードというか、スイッチが入る感じがありました。結構、仕事して料理してソファで休んで…ってだらだらしちゃうんですけど、エプロンをすると「ちゃっちゃと作っちゃおう」みたいな、スイッチが入る気がします。

エプロンが気分転換のきっかけになっていたら嬉しいです。

これを着てたら、彼が帰ってきて「えっ、何?何事?」ってびっくりしてました。
何を作り出すのかと思ったって(笑)
エプロン着てると周りも何か期待するのかもしれないです(笑)

着ていただく中で、不便に感じられたことはありますか?

脱ぎ着がちょっと面倒っていうのはあるかもしれないですね。いつもと勝手が違う感じがしました。

他にこんな商品が欲しい、などありますか?

真っ白のエプロンとか可愛くて好きなんですよね。この素材だったら汚れにくいから良いかなって。
仕事で自分が映り込む場面って結構多くて。そういう時、顔が明るく見えるので暗い色より白の方がいいんですよね。


朝食のイメージでスタイリングいただきました。

ユニフォームメーカーとしては、どうしてもハードに使う想定で商品を作ってしまうんですが、みなさんのお話を聞いているとそこまで長時間は使わなかったり、何種類かを使い分けていらっしゃるので、その中での白はありですよね。実際、明るい色のベージュが一番人気です。

エプロンはお洋服の感覚です、私の中では。であれば、白があってもいいなって。

今後の参考にさせていただきます!
最後に、RASHIKIのエプロンのおすすめポイントを一つ選ぶとしたらどんな部分でしょうか?

機能性だと思います。汚れないのとしわにならないのと。汚れなさは、感動レベルです!

ありがとうございました!

須賀いづみ様にご着用いただいているアイテムはこちら

須賀 いづみ
フードデザイナー/フードライター

レシピ制作、フードスタイリング、コラム執筆、ワークショップ講師などを通じて、ウェルネスなライフスタイルを提案しています。

Website Official Website
Instagram